Mårran Mörkö

arlahouse.exblog.jp

ガラス

a0134298_23143949.jpg



























そうだ。そういえば。

兵庫県の花屋敷の伯母のおうち。
伯母のダイニングには造り付けのガラスの戸棚があったの。

伯母が丁寧に開け閉めするのが、とても特別で、とても大人で、素敵に見えた。

記憶のすみっこのすみっこに追いやられていたガラスの戸棚。

でも、きっと、ずっと憧れていたみたい。
ふとしたときに思い立ち、別の部屋で使っていたものをここへ置いてみた。

そして、丁寧に開け閉めしてみる。

あの時感じた、とても大人の気分。大人になった私にはなんだかとてもくすぐったい。

marimekkoのファブリックパネルのうしろには、私のおやつが入った木のボウルがかくれんぼ。




[PR]
by arlahouse | 2014-11-14 23:35